【学割】Sketchを学割価格で購入する方法(Sketch Education)

「Sketch」には学割価格(Sketch Education)があり、学生であることが認められると50%オフの学割価格で「Sketch」を購入できる。申請方法と購入方法をまとめておくので、参考にしてほしい。

99ドルの「Sketch」が半額に

Sketch Educationは、通常のライセンスを購入する方法とは少し違う。「Sketch」の開発元に対して申請を出し、審査が完了したらディスカウントコードがメールでくる。それを使いSketchのライセンスを購入すると50%オフになるという流れ。

申請はこちらのページからでき、以下を参考に項目を入力してほしい。

Sketch Education 購入フォーム

項目 説明
Your full name フルネーム
Your email address 受信できるメールアドレス(特にないがac.jpだといい?)
Educational institution 教育機関の名前
Country
Course you’re enrolled in 学部・学科名
Proof of student/teacher status 在学を証明できる書類の写真(例:学生書など)
Additional comments 備考欄、オプション

Request Your Discount Codeで申請が完了。数日待つとSketch側で審査を終え、審査が通れば50%のクーポンがメールで送られてくる。クーポンが送らてきたら、Sketch Storeの「クーポンの更新」から適用し、購入すべし!

Sketch Store クーポン購入

最近はデザイナーだけでなく、エンジニアにも全社導入している企業もあるくらいポピュラーなデザインツールとなった「Sketch」。半額はかなり大きいので、興味のある人は学生のうちに購入して触れておくのもいい気がする。

おすすめ:GitHub、Figmaも学割あります

github education

学割を提供しているクリエイティブ系のサービスは意外に多く、「GitHub(ギットハブ)」やデザインツールの「Figma(フィグマ)」もその一部。本来は有料のところを学生に無料で提供している。申請方法はともに以下にまとめてあるので、学生のうちに活用しよう!

・【学割】「Figma」のプロライセンスを無料でゲットする方法
【学割】GitHub Educationの申請とPrivateリポジトリを無料で使う方法